Entries

初秋の京都へ

5日から一泊二日で京都へ行って来ました。

目的は昔のお仲間たちとメーンの主賓(ダークダックスのゾーさん)を囲んでの昼食会だったのですが、我が家は基本「お出かけは家族で」なので会場のホテルまでは主人と旭も一緒に行動。
昼食会は私だけ(わんこが入れないので)で参加し、その間二人(主人と旭)は初秋の京都散策へ ←所謂 時間潰し!?(スミマセンね)

001_convert_20151007112430十月六日ゾーさんを囲む会 昼食

001_convert_2015100711385210月6日メニュー表1
京都新阪急ホテルの昼食会の献立表
「美濃吉」さんのお昼の会席です。

ゾーさん御年85歳!
暫らくお目に掛かる機会が無くて、ホント 久しぶりでしたが、お元気で相変わらずニコニコ顔の好々爺ぶり。
何十年経っても。。。不変(笑)

私は受付の補助を仰せつかって居りましたので開会前にはゆっくりとお話しは出来ませんでしたが、参加のお仲間たちが三々五々受付される度、懐かしくお声掛けさせて頂きました。

ゾーさんご持参の貴重なMDなどを拝見したり、ツーショット写真をコレまたファンで参加のプロカメラマンの方に夫々撮って頂いたり集合写真を写して貰って 予定の時間はアッと云う間に経ってしまいました。

主賓も参加者もそれなりの年配ばかりですから次回の予定は簡単には立てられませんが、皆な元気な内にまたお会いしたいですネ~と云う感じで夫々 会場を後にしました。

今回「ゾーさんを囲む会」企画発起人の鉢高原「万両」の正子女将とはお互いファン歴 50年と云う・・・旧知の仲、関東からのお世話役も30年と云う事務局の方 等々 ダーク後援会は発足当初から恋々と変わらず続いて来ました。
細く長く。。。こんな手つくり感覚の後援会が在っても好いですよね~\(^o^)/










スポンサーサイト

信州へ・完

いよいよ信州旅行の完結です。
まコポん家を後にして扨てどちらの方角へ進むかと・・・、これが非常にテキトーな選択方法でして、道を右に(右利きだから!?)とって道なりに進む。途中で地図を見ると木曽路へ続く道だった。
その名も権兵衛街道、(三重にも種まき権兵衛の里と言うのがあります・余談です)名称のイメージでは古ーい凸凹道を想像しそうですが、走りやすい綺麗な道路でした。峠も今ではトンネルが通ってオフロードの峠越えも無し。すんなり中山道へ出ました。

馬籠や妻籠で有名な木曽路、観光地になっているので平日でも駐車場には観光バスが並んでいました。
木曽路は道の駅(車旅の者には何かと便利な休憩施設です)が多くて、楽しみが増えます。
そんな道の駅の一つ「賤母」で思わず「ここは何処??」「木曽の山の中だよね!」って主人と顔を見合って笑ってしまった発見が・・・・
010_convert_20121025222200信州7 
まさか木曽路で浜島市場を見るとは思いませんでした。
期間限定の市場の様ですが~~悟風達には余りにリアルです。

道の駅ではお土産物を見たり土地の食材を探したり、時には宿泊したり・・色々活用させてもらっています。
近年、車泊族が増えてマナーの低下が問題になり「道の駅」での車泊が出来にくくなって来ました。
ゴミは各自で持ち帰る、当たり前の事すら出来ない人は車泊族の資格無し!!

011_convert_20121025222256信州8 
旭の後ろ姿、隣りの車でお弁当を食べてるのが「どーも気になる」!?
身を乗り出して直視してました。

悟風の車旅・信州へ~は長野県から岐阜県を走り抜け、大都市・名古屋高速を経て三重県へ。日没が早くなって何処かで泊まるか、このまま一気に志摩まで走るかと相談した結果、このまま家まで帰ろうと言う結論に達し(そんな大げさな事ではないですが)、直行!!

二泊三日の旅
一泊三日?の旅に縮小されましたが、気ままな車旅ならではの旅程です。

二泊目は遅まきながら我が家のお布団で熟睡、目覚めの午後は旅仕度の整理とお洗濯に。のんびり過ごしたので旅の疲れも取れました。
さて、次回の気まま旅は何時になるかな。。。。。考えているだけでも楽しい今日この頃です。

# 信州へ・その二

信州への車旅、もう一つの目的地へ
と、その前に立ち寄った施設の駐車場の景色をどーぞ。
004_convert_20121025222832信13 
南国?志摩では未だ見れませんよ。

北信から南信へ~~旅の服装も少し軽く、上着を脱いで~~

好天のドライブは絶好調で目的地まで到着です。迷わずに直行出来ました。
「ブライス花便り」のまコポんさんのお宅です。
同世代のブライス友達!?・・・まコポんさんのブログのカウプレがご縁の始まり、日々ブログでまコポん家のお庭を拝見しているので、初めての訪問にも関わらず「何となく旧知のお宅へ行ったみたいな」そんな気分でした。
お家の中では大勢のお嬢様達(モチ!ブライスさんです)とご対面を果たしました。美味しい紅茶とお手製のババロアを頂きながら、おしゃべりを・・・楽しい時間でした。

悟風家を代表して新入りの「みどり」を同伴しましたので、暫し撮影タイムも~~~
007_convert_20121025222002信州5 
みどりさん微笑んでいる?!気のせいかな・・・
005_convert_20121025221803信州3 008_convert_20121025222107信州6 楽しい時間は「あっ」と言う間に過ぎてしまうのですね。

まコポんさんから、お花や美味しいモノそしてお手製のお洋服セットまでお土産にいただいてしまいました。とても嬉しいお土産です。悟風ん家の娘達、大喜び!!

014_convert_20121025222353信州9 018_convert_20121025222440信10 019_convert_20121025222741信12
早速試着してみましたよ、まコポんさん「アリガトウ」。 コチラも早速植木鉢に・・まコポん家のお庭の分家?!

あっと言う間のひと時でしたが、好いブロ友さんに出会えるご縁をいただき感謝です。
またいつか、ゆっくりお話出来るといいね。

まコポん家を後に車旅は続きます・・・また明日ね。 

# 信州へ・その一

行ってきました。
旅立ちの日(23日)は残念ながら一日中雨でした。週間天気予報も雨!大当たりね。
高速道路のサービスエリアにはドッグラン付と言う所も増えてきましたので、旭と走り回れる事を楽しみにしていましたが、あいにくの雨空で断念・・・残念でした。
画像もアリマセン。。。。

この日の宿泊は姨捨SA!?そう、悟風ん家の旅は車旅・俗に言う「車泊族」なのです。
003_convert_20121025221638信州2 
明けて24日は好天 標高が高いので寒かった
出発の時はTシャツでしたが信州路は冬並みのフリースを着こみました。

001_convert_20121025221534信州旅 
姨捨SAからの眺めはとても良かったです。このパネル同様の景色が広がっていましたよ。

今回の信州行きは北信の飯綱町にある菩提寺を訪ねる事が一つ目の目的でしたので、雨と強風の中を一路北信へ~~
随分ご無沙汰の訪問でしたので道を間違えたりして予定より遅くなってしまいましたが、何とか無事に目的達成出来ました。庫裡には早やストーブが・・・ちょっとびっくり。

日没も早くなって、暗いなかを宿泊地を探しながら再び高速へ・・・、そして姨捨SAで泊まる事に決定。
車旅はいつもこんな調子です。寝袋も食糧も飲み物も持参、サバイバル仕度で何処でも泊まれます。ガスコンロも装備していますが、今回は使いませんでした。
旭のベッドも食糧も積み込んでの大移動!?で~す。旭も楽しそうな顔をしてました。(内心は解りませんが・・・)
一寸興奮気味でお昼寝が出来なかったみたいです。

次の目的地は南信のある方に会いに。。。明日に続く

# 100均は楽し

旭のシャンプーをしてもらっている間にセリアへ~
何度行っても飽きない100均ショップ。
今回は他にも寄るところがあったので、セリアのお買いものは少な目です。
002_convert_20121017194739セリア これだけ・・・
手作り関連のパーツ類ばかり
特にウッドビーズの色が気に入りました。紙バンドのアジアン風家具の足などに取り入れ様と思っています。このところ頭の中での試作(妄想とも言う)ばかりが先行中。

催事が終わると暫く「中途半端」な日々が続いてしまいます。伸びきったゴムみたい(!)に元に戻らなくなってしまいそう・・・、ダメだめ、そんなのんびりしてちゃ・・・って言う空耳も聞こえた様な気もしますが。
来週は楽しい事が待っているので、その準備を先ずは最優先に始めましょう。

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

彩遊雑貨店

悟風の手作りショップ
002_convert_20130418133901福袋2 
上の画像をクリックしてネ

プロフィール

san悟風

Author:san悟風
性別:女性
ブライスに始まりドールが増えて・・・、下手なりにOF作りや小物作りに熱中しています。その他、紙バンド手芸やモール手芸など、手作り大好きなオバサンでーす。
愛犬の旭との楽しい日々も時々ご紹介しています。
大阪出身の三重県人

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR