Entries

猫つぐら(ちぐら)作り

(猫さんのお家)猫つぐら製作過程

と、その前に。。。つぐらを編む為の必需品を創らねばなりません。
005_convert_20170425094014⑤猫ちぐら用紐通し 
適当長さの針金を割り箸で挟んで作った簡単 紐通しです
補強を兼ねて麻ひもをボンド付けしながら二重に巻いてみました。
握った時の感触も良く滑り止め効果もアリで使い勝手は良好です。

それでは猫ちぐら 製作スタート!!
002_convert_20170425093805②猫ちぐら 
編み物の要領で30cmの紙ひもで直径1cm程の輪を作って その輪を埋める様に60cmに切った紙ひもを通しては半分の位置でねじって右側に倒して行くと云う単純作業を延々と続けます

この紙ひもは柔らかく撚ってある製品なのでいちいち広げなくてもそのままで使えるのでは?と思い 初めはそのままで編んでみました。

でも何かが違う。。。

結局、一旦紙ひもを広げてから編み込む方法で 統一する事にしました(機械的な撚りでは手に馴染まなくて 編み込んだ後のひねり(撚り)がしにくいのです)

ひと手間かける事で柔らかい感触も出るみたい(言葉では表現しにくいですが・・・)

この作業を直径35~36cm位になるまで繰り返したら底部分の出来上がり~
004_convert_20170425093929④猫ちぐら 
底部分の大きさは猫さんが入って寝られるサイズ(個体の大きさで多少変わって来る為、結構アバウトな寸法でも好いみたいネ)

003_convert_20170425093847③猫ちぐら 
ひも通しを差し込んで新しい編み紐(60cm)を先端の輪に入れ引っ張り出します
増やし目は決まった間隔でなくてもOKです。目が広いと感じたら同じ個所に二回差し込むと云う具合

丸くなってはいますが真円形では無くて アンモナイト形で編み上げて行くので均等に増やし目をしなくても良いのね(笑)

001_convert_20170425093707猫ちぐら1 
コレで今26センチ程です。あと10cm編めば一応 底部分が完成します

此処までで紐2巻消費しました。この調子だと底だけで手持ちの紙ひもを使い切ってしまいそうです。
あと16巻。。。追加購入しなきゃ猫さんの一軒家は建たない勘定です。

これ結構な高級住宅だわね(笑)

さァ~てと もう一頑張りィしますか~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

彩遊雑貨店

悟風の手作りショップ
002_convert_20130418133901福袋2 
上の画像をクリックしてネ

プロフィール

san悟風

Author:san悟風
性別:女性
ブライスに始まりドールが増えて・・・、下手なりにOF作りや小物作りに熱中しています。その他、紙バンド手芸やモール手芸など、手作り大好きなオバサンでーす。
愛犬の旭との楽しい日々も時々ご紹介しています。
大阪出身の三重県人

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR